【iPhone】Wi-Fi設定の『リースを更新』とは?いつ使うの?

スポンサードリンク




iPhoneの設定画面にある「リースを更新」ってご存知でしょうか。

 

普段普通にiPhoneを使っていてもほとんど触れる機会はないかと思うんですが、Wi-Fiの調子が悪い時などにWi-Fi設定の画面を開いたタイミングで目にする方が多いかと思います。

iOSのバージョンによっては「DHCPリースを更新」なんて表記になってる場合もあるんですが、これって一体なんなんでしょう?

 

今回は、この「リースを更新」について詳しく調べてみましたのでまとめていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

iPhoneのWi-Fi設定にある「リースを更新」とは?

Wi-Fiの調子が悪かったり、ネットに全然つながらない時なんかには見ざるを得ないこのWi-Fi電波の詳細画面

そこで目にするのが今回取り上げる「リースを更新」のボタンです。

 

「『リース』…?何これ…」

何が起こるかわからないし、今までタップしたことが無かったって方も多いんじゃないでしょうか。

 

実はこの「リースを更新」と言うのは、iPhoneがWi-Fi電波と接続する際に必要となる「IPアドレス」と呼ばれる設定値を一旦リフレッシュして再接続し直すための機能なんです。

ですので、思い切ってタップしてみたところで、一旦Wi-Fi通信が途切れた後また接続し直されるだけのものなのでどうぞご安心を。笑

 

「リースを更新」の手順

では実際に「リースを更新」を行う方法をご紹介しておきます。

手順は以下の通りです。

  1. iPhoneの設定アプリを開く。
  2. 「Wi-Fi」をタップする。
  3. 現在接続中の電波名の右にあるをタップする。
  4. 「リースを更新」をタップする。
  5. 再度「リースを更新」をタップする。

iPhoneのWi-Fi設定画面に関しては結構開く機会もあるかと思うんですが、その奥のWi-Fi電波の詳細設定画面って、案外見ることってないですよね。

ともかくこれで、「リースを更新」を実行することができます。

 

「リースを更新」はいつ使えばいい?

「リースを更新」について色々と解説してきましたが、実際どんなシーンで使うための機能なのか、少しご紹介しておこうかと思います。

上の方でも解説した通り、接続しているWi-Fi電波の接続設定値を更新することができるので、主にWi-Fiの接続が不安定な場合や、うまくインターネットに接続できない時などに効果を発揮してくれます。

リースを更新の使いどころ

  • Wi-Fi電波の接続がすぐ途切れたりして不安定な時
  • どうしてもインターネットに繋がらない時

Wi-Fi関連のトラブルに遭遇した際、ルーターの設定などはあらかた確認したけど改善しない…って時なんかに一度試してみると、意外とうまく行くこともあるので是非。

iPhoneがWi-Fiにつながらない場合の5つの原因と対処法

 

まとめ

今回は、iPhoneのWi-Fi設定画面にある「リースを更新」について色々とまとめてみました。

たまに見かけるものの、何が起こるのか分からないし触ったことなかったって方も多いこの「リースを更新」ボタン。

実は結構便利なWi-Fi設定のリフレッシュ機能だということがわかってもらえたかと思います。

Wi-Fi接続で何か困ったことがあった場合には一度試してみてください♪

 

Wi-Fiに繋がらない時にみんながやってる5つの対処法

「Wi-Fi」に繋がってるのに繋がらない?―原因と対処法



スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

auで3年ほど店舗スタッフを経験。 「店員から見ても公式サイトわかりにくい!」という憤りからユーザーが理解した上で利用できるサービスやガジェット情報の発信サイト「華麗なる機種変」の作成をする。 ものの、わかりやすい情報って作成が難しいことを痛感し、日々悪戦苦闘中… 少しでもあなたのお役にたてられれば幸いです。