【iOS 13】「iPhoneを探す」はどこへ…?新しくなった「探す」アプリを紹介

スポンサードリンク




iPhoneには「iPhoneを探す」と言うアプリが初期状態からインストールされています。

iPhoneを紛失してしまったり、iPhoneを元に家族の位置情報を検索したりと色々便利な機能を持っているため、困った時には結構役に立ってくれるんです。

ただiOSのアップデート以降、この「iPhoneを探す」が見つからず困っているというユーザーが意外と多いみたいです。

そこで今回は、「iPhoneを探す」がどこに行ってしまったのかについて色々と情報をまとめてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

「iPhoneを探す」とは

まずは「iPhoneを探す」がどういったアプリなのかについて簡単に解説しておきたいと思います。

「iPhoneを探す」とは、iPhoneの位置情報サービス(GPS)を利用して端末の現在地を検索するためのアプリのことです。

検索に必要な情報としては「Apple ID」と「パスワード」があればOKで、端末の電源さえ入っていれば即座に詳細な位置情報を表示することができます。

冒頭にも書きましたが、紛失した端末を探したり、お互いの現在地を確認するためなどに有用な機能と言えます。

 

「iPhoneを探す」はどこに?

上記の通り便利な「iPhoneを探す」アプリなんですが、iOSのアップデートを実施して以降、どこかにいってしまったみたいなんです。

それもそのはず、2019年9月にリリースされた「iOS 13」にて「iPhoneを探す」アプリに大幅な変更が加えられたんです。

機能だけでなく、アプリの名称に関しても「探す」というシンプルなものに改名されているため、どこを探しても見つからなかったというわけですね。

 

「iOS 13」からの新機能「探す」

と言うわけで、「iOS 13」から実装された新しいアプリ「探す」機能について詳しくご紹介しておきましょう。

新しくなった「探す」アプリではiPhoneだけでなく色々な端末の現在地を検索できるようになっています。

具体的には以下の通りです。

  • iOS端末(iPhone、iPadなど)
  • 友人や家族の端末
  • Mac
  • AirPods
  • Apple Watch

事前に登録や設定の変更が必要にはなりますが、もし紛失してしまったとしてもある程度の現在地を割り出すことが可能です。

また、遠隔操作による端末のロックやデータの消去なども行えるため、もしもの場合にもデータ漏洩を防ぐことができます。

 

まとめ

今回は、「iPhoneを探す」がどこに行ってしまったのかわからない方向けの詳しい情報についてまとめてみました。

「iOS 13」以降は「探す」アプリとしてリメイクされていたということで、どこかにインストールされているはずですので改めて探しなおしてみてください。

若干の使用感の違いはあるものの、基本的にはより便利なアプリとなっていますので、ぜひ一度お試しください。



スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

auで3年ほど店舗スタッフを経験。 「店員から見ても公式サイトわかりにくい!」という憤りからユーザーが理解した上で利用できるサービスやガジェット情報の発信サイト「華麗なる機種変」の作成をする。 ものの、わかりやすい情報って作成が難しいことを痛感し、日々悪戦苦闘中… 少しでもあなたのお役にたてられれば幸いです。