【iPhone】初期化を強制的に行う方法と実際に初期化した結果

スポンサードリンク




iPhoneを強制初期化したい…!

 

iPhoneは普通に初期化するってだけなら、設定アプリから簡単に初期化することができます

ですのでiPhoneを強制的に初期化したい状況となると、以下の様なケースが考えられるかと思います。

  • iPhoneの画面ロックのパスワードを忘れて操作ができない
  • iPhoneを紛失してしまったため遠隔操作でデータ消去したい
  • 本体がフリーズしていたり起動しないため操作できない

などなど、どれも急を要する事態で、操作方法などについてネットで調べる方も多いんじゃないでしょうか。

 

ボクもつい最近iPhoneの調子が悪くて起動しなくなってしまった時に、強制初期化について色々調べていたんですが、情報が多すぎて結局何を用意してどの方法で初期化すればいいのか悩みが深まる一方でした。

特に頭を抱えていたのが「iPhoneを探す」機能の取り扱いについてです…この「iPhoneを探す」機能、結局オフにしないとマズイのか、オンのまま初期化して大丈夫なのか…

 

そこで今回は、iPhoneの強制初期化の方法と「iPhoneを探す」機能の影響について個人的に検証した結果なども含めてまとめてみましたのでよろしければ参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

iPhoneを強制初期化する方法

こういった場合どうしてもパソコンからの操作が必要になるので、最低限知人に借りるか、Apple Storeなどに依頼してパソコンに接続できる環境だけは用意しておいてください。

 

リカバリモードで強制初期化

リカバリモード」というのは、iPhone内のシステムを強制的に起動してiTunesと接続させるためのモードで、iPhoneがうまく起動しない時や今回の様に強制的に初期化したい時に使用します。

この初期化方法はAppleでも公式対応として推奨している方法で、以下の手順で行うことができます。

  1. パソコンにiPhoneを接続し、iTunesを起動する。
  2. iPhoneを強制再起動させる。
    • iPhone X, 8, 8Plus
      1. 音量ボタン(上)を押す。
      2. 音量ボタン(下)を押す。
      3. サイドボタンを押して、iPhoneがリカバリモード画面になるまで押し続ける。
    • iPhone 7, 7Plus
      1. 音量ボタン(下)+電源ボタンを同時に押して、iPhoneがリカバリモード画面になるまで押し続ける。
    • iPhone 6s以前の機種
      1. 電源ボタン+ホームボタンを同時に押して、iPhoneがリカバリモード画面になるまで押し続ける。
  3. iTunesに「復元」か「アップデート」の選択肢が表示されたら「復元」をクリックする。

 

後は処理が終わるまで待っていれば、強制初期化は完了です。

 

DFUモードで強制初期化

「DFUモード」というのは「Device Firmware Upgradeモード」の略称で、iPhone内のシステムなどを全て無視した状態で、iTunesと強制的に接続するためのモードです。

 

リカバリモードと同じく、iPhoneを強制的に初期化したい時や、強制的にOSをアップデートする時なんかに使用します。

ただしこちらの初期化方法は、一応Appleから提供されているわけではない非公式の方法ですので、実施する場合は自己責任で行ってください。(とは言ってもそんなに危険ってわけでもないです。)

  1. パソコンにiPhoneを接続し、iTunesを起動する。
  2. iPhoneを強制再起動させる。
    • iPhone X, 8, 8Plus
      1. 音量ボタン(上)を押す。
      2. 音量ボタン(下)を押す。
      3. サイドボタンを押し続ける。(10秒程度)
      4. iPhoneの電源が落ちたらサイドボタン+音量ボタン(下)を押し続ける。(5秒程度)
      5. サイドボタンだけ離す。
    • iPhone 7, 7Plus
      1. 音量ボタン(下)+電源ボタンを同時に押し続ける。(10秒程度)
      2. iPhoneの電源が落ちたら電源ボタンだけ離す。
    • iPhone 6s以前の機種
      1. 電源ボタン+ホームボタンを同時に押し続ける。(10秒程度)
      2. iPhoneの電源が落ちたら電源ボタンだけ離す。
  3. iTunesに復元オプションが表示されたら全てのボタンを離し、「iPhoneの復元」をクリックする。

 

「iPhoneを探す(Web版)」から強制初期化

手元にiPhoneが無い場合など、iPhoneを遠隔操作で強制初期化したい場合には、パソコンからWeb版の「iPhoneを探す」にアクセスすることで初期化を行うことができます。

  1. パソコンから「iCloud.com⇒https://www.icloud.com/にアクセスする。
  2. 初期化したいiPhoneで使っていたApple IDでログインする。
  3. 「iPhoneを探す」をクリックする。
  4. 「すべてのデバイス」をクリックしてiPhone一覧を表示する。
  5. 強制初期化したいiPhoneをクリックする。
  6. iPhoneの操作ウィンドウが表示されたら、「iPhoneの消去」をクリックする。
  7. 「このiPhoneを消去しますか?」が表示されたら「消去」をクリックする。

 

以上の操作を行うと、初期化したいiPhoneがインターネットに接続されている状態であればすぐに初期化が始まります

もしインターネットに接続していない場合は、Apple IDでのログインや、セキュリティ質問などの情報を入力することで初期化待機状態にしておけるので、次回インターネット接続時に強制的に初期化が実行されます。

 

「iPhoneを探す」は結局オフにする必要あるの?

今回iPhoneの強制初期化について色々と調べていたんですが、様々な情報は記載されているものの見るサイトによって書いてることが違ってたり矛盾がありすぎて、正直ただただ混乱するだけでした。笑

 

上の方でも書いたようにそもそも強制初期化が必要なケースって、ほとんどの場合画面ロックのパスワードを忘れてしまったり、紛失してしまって、iPhoneが操作できない状況のはずなのに、

「強制初期化する場合は必ず事前に「iPhoneを探す」はオフにしておきましょう」

なんて書いてあるサイトの多いこと…。(その設定がいじれるなら強制初期化する必要なくない?)

 

この「iPhoneを探す」機能に関しても、結構曖昧な表記が多く…

「初期化する前にiPhoneを探すをオフにしておかないと初期設定の際にアクティベーションロックされてしまう」と書いてあるサイトがほとんどなんですが、一応Apple公式サポートのページにはこんな記載があります。

iOSデバイスを譲渡または売却する場合は、コンテンツと設定を必ず消去してください(「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」)。

コンテンツを消去すると、「iPhoneを探す」と「アクティベーションロック」もオフになります。

(※Apple(日本)『「iPhoneを探す」からデバイスを削除する』より)

公式がこう言ってるんだからこっちが正解なんだろう!…と思いつつも、やっぱり他の意見が目に入ってしまうとなかなか不安が残っちゃいますよね。

 

そんなこんなで情報が錯綜するネットには見切りを付けて、実際に自分で強制初期化をしてみることにしました。笑

幸いにも昔使っていたiPhone 6が部屋に眠っていたため、今回はこの端末に犠牲になってもらうことにしました!

 

とりあえずiPhoneを強制初期化してみた

ということで久々に起動させたiPhone 6をさっそく強制初期化してみることに。

今回は最も一般的な方法である「リカバリモード」を使った強制初期化を試してみました。

検証したかった内容としては以下の3点

  • iPhoneの操作ができない(画面ロックなど)状態で初期化できるか
  • 「iPhoneを探す」をオンのまま強制初期化できるかどうか
  • 初回起動時に「アクティベーションロック」が作動しないか

 

ということでiPhone 6を「iPhoneを探す」機能をオンにしたまま、画面ロックも6回失敗を繰り返して操作できないようにした状態で強制初期化に臨みました。

 

結論はオフにしなくても問題なし

結論から言いますと、「iPhoneを探す」機能をオンにしたままリカバリモードで強制初期化しても、まったく問題なく初期状態に戻すことができました!

 

確認しておきたかった3点に関して少し詳しく書くと…

まずついでに確認しておきたかった「画面ロック」に関しては、強制初期化を始める瞬間から終始なんの影響もありませんでした。笑

画面ロックはかかっててもかかってなくても、リカバリモードには関係ないみたいですね。

 

そして問題の「iPhoneを探す」「アクティベーションロック」について。

強制初期化後に通常通りiPhoneの初期設定を進めてみましたが「アクティベーションロック」と呼ばれるApple IDでのログイン操作は要求されませんでした

また、完全に初期状態に戻っていたためiCloudへのログイン情報なども消去されていたので、「iPhoneを探す」機能に関しても初期状態になっていたため問題なしでした

 

ということで、結論。

iPhoneの強制初期化に「iPhoneを探す」機能のオン/オフは関係なし

 

ちなみに昔使ってたこのiPhone 6ですが、SIMカードが入っておらずアクティベートの際にちょっと厄介なトラブルが…詳しくは以下の記事にまとめてありますので合わせてお読み頂けると幸いです。

iPhone「SIMが必要です やり直してください」と出た時の対処法

 

まとめ

今回はiPhoneの強制初期化の方法と「iPhoneを探す」の影響について徹底的にまとめてみました!

 

ネットで調べれば調べるほど頭が混乱してパニックになってましたが、とりあえず自分で検証した結果、iPhoneの強制初期化に「iPhoneを探す」機能は影響しないということがわかりました。

やっぱり何事も自分で試した結果を目で見て確認するってのが一番安心できますね(*_*)



スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

auで3年ほど店舗スタッフを経験。 「店員から見ても公式サイトわかりにくい!」という憤りからユーザーが理解した上で利用できるサービスやガジェット情報の発信サイト「華麗なる機種変」の作成をする。 ものの、わかりやすい情報って作成が難しいことを痛感し、日々悪戦苦闘中… 少しでもあなたのお役にたてられれば幸いです。