LINE「規定の検索回数を超過しました」…ID検索ができない時の対処法

スポンサードリンク




先日、久々に会った友だちを登録しようと、LINEのID検索機能を使おうと思ったところ…

「規定の検索回数を超過しました。一時的にID検索機能をご利用頂けません。」

と言った警告メッセージが表示されたため、検索することができませんでした。

 

何度も繰り返した覚えもなく、画面を開いて検索しようとしたら1回目で表示されたためわけがわかりませんでした。

 

そこで今回は、LINEに「規定の検索回数を超過しました」が表示されてID検索機能が使えない時の対処法について色々と調べた内容をまとめてみました。

 

スポンサードリンク

「規定の検索回数を超過しました」が表示される原因は?

「規定の検索回数を超過しました」の警告メッセージが表示されてしまう原因としては、大きくわけて以下の3通りのケースが考えられます。

 

LINEの規定回数を超過した場合

まず最も単純な原因としては、ID検索を短時間に繰り返しすぎたことにより制限オーバーしてしまったケースでしょう。

LINEの仕様として指定されている回数以上の検索を行うと、この警告メッセージが表示されます。

 

制限数については明言されていないため正確な回数は不明ですが、数分内に5回程度検索しただけでも制限に掛かってしまったと言う例もあるみたいです。

 

LINE側の不具合

LINE側の不具合や障害によって、一部のユーザーにおいてID検索ができなくなっている場合も意外とあるみたいです。

特に今回のボクのケースのように、一度もID検索していないにもかかわらず警告メッセージが表示される場合は、LINE側に何らかの不具合が発生している可能性が高いです。

 

一度友だちにもID検索を試してもらったり、アプリストアのLINEダウンロードページなどに情報が掲載されていないかどうか確認してみると、原因を特定するヒントになるかと思います。

 

端末/アプリの一時的な不具合

スマホなどの使用している端末や、LINEアプリ自体に、一時的な不具合が起きているためにID検索ができなくなっているのかもしれません。

アップデート時の処理ミスや、他の不具合の影響を受けてしまっている場合など、原因はいくらでも考えられます。

 

そういった場合には、一度端末を再起動してみることをオススメします。

電子機器で困ったときは、とりあえず再起動で解決できることが多いです。

 

「規定の検索回数を超過しました」が表示された時の対処法

続いて「規定の検索回数を超過しました」が表示された時の対処法についても確認しておきましょう。

 

基本的には、上にも書きましたが端末の再起動をまず行ってみることをオススメします。

それでも改善しないようであれば、残された手段としてはしばらく時間を置くことくらいしかありません。

 

もし本当に規定回数を超過してしまっていた場合であれば、だいたい1時間程度で規制が解除されるとのことですので、無理に繰り返したりせず1時間ほどしてから再度試してみてください。

原因がLINE側の障害やアプリの不具合の場合にも同様に、おとなしく復旧を待つ以外に選択肢はなさそうです。

 

急ぎの場合は他の手段で友だち登録

もし自分か、登録したい相手のどちらかがID検索できるようであれば、そちらから友だち登録すればいいだけなのでそれがベストでしょう。

ただ、どうしてもID検索機能が改善しないけど急いで登録する必要があるって場合には、別の手段で登録するしかありません。

 

LINEで友だち登録する方法としては、ID検索以外にも以下のような手段があります。

  • 「ふるふる」機能を使って登録
  • 「QRコード」を使って登録
  • 招待メールを使って登録
  • 共通の友だち経由で登録

お互い近くにいる場合であれば、「ふるふる」「QRコード」での登録が簡単なんですが、ID検索をあえて使う状況の場合はお互いに離れた場所にいるケースがほとんどかと思います。

その場合は「QRコード」の共有機能や、招待メールを相手に送信することで友だち登録するしかないため、メールアドレスやTwitterアカウントなどのなんらかの他の情報が必要になります。

 

まとめ

今回は、LINEで「規定の検索回数を超過しました」が表示されてID検索ができない時の対処法について色々とまとめてみました。

 

ボクと同じように、何もしてないのに1回目から警告メッセージが表示されたって報告は割とよくあるみたいなので、取り切れないバグの一種なのかもしれませんね。

もし同様のケースに遭遇した方は、ご紹介した内容を参考に、再起動や他の登録手段で対処してみるようにしてください。



スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

auで3年ほど店舗スタッフを経験。 「店員から見ても公式サイトわかりにくい!」という憤りからユーザーが理解した上で利用できるサービスやガジェット情報の発信サイト「華麗なる機種変」の作成をする。 ものの、わかりやすい情報って作成が難しいことを痛感し、日々悪戦苦闘中… 少しでもあなたのお役にたてられれば幸いです。