「OneDrive」って削除しても大丈夫?

スポンサードリンク




使い方によっては便利な「OneDrive」ですが、全く使わない人にとってはただの邪魔なアプリに過ぎないこともありません。

ただ、最初からインストールされているアプリというのもあって、削除してもいいものかどうか悩んでいる方も多いみたいです。

 

そこで今回は、「OneDrive」は削除してもいいのかや削除の方法についてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

「OneDrive」とは

まずは「OneDrive」について簡単に解説しておきたいと思います。

 

「OneDrive」とはMicrosoftが運営しているオンラインストレージサービスのことです。

インターネット上にデータを保管しておくことができ、スマホやPCなどの端末から場所を問わずにアクセスすることができます。

 

また、Microsoftアカウントを作成するだけで無料で使用できるというのも大きな魅力と言えます。

保存できる容量に関しては「5GB」までとなっていますが、別途料金を支払うことでサイズを拡張することもできます。

 

「OneDrive」は削除しても大丈夫?

ちなみにこの「OneDrive」Windows8.1以降のOSでは標準で搭載されているため、気づかないうちに入っていたって方も多いかと思います。

 

冒頭でも少し触れましたが、必要のない方にとっては全く意味のないアプリでもありますよね。

というわけで「OneDrive」を削除してしまいたいと思っている方もいるはず。

 

これに関しては、「OneDrive」も別段他のアプリと変わりは無いので削除(アンインストール)してしまっても問題ありません

特に削除したからと言って取り返しがつかないこともなく、また必要になればMicrosoft公式サイトなどからインストールすることも可能です。

 

また保管してあるデータについても、PCとの同期を切るだけの話ですので、サーバーの方にはなんの影響も与えないため安心して削除してください。

 

「OneDrive」を削除する方法

では実際に「OneDrive」を削除する方法についてご紹介していきたいと思います。

と言っても他のアプリをアンインストールする方法と違いはありません。

 

一応、手順としては以下の通りです。

  1. 「Windows+i」キーの同時押しで「Windowsの設定」を表示する。
  2. 「アプリ」を選択する。
  3. 「Microsoft OneDrive」を選択する。
  4. 「アンインストール」をクリックする。
  5. 再度「アンインストール」をクリックする。

これで「OneDrive」をアンインストールすることができます。

 

まとめ

今回は、「OneDrive」を削除する方法について色々と情報をまとめてみました。

不要なアプリやサービスって放置しておくとどんどんたまってしまって収拾がつかなくなりがちですよね。

邪魔だなぁと思いつつも、削除してもいいのか不安に思っていたって方はぜひこの記事を参考に実施してみてください。

 



スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

auで3年ほど店舗スタッフを経験。 「店員から見ても公式サイトわかりにくい!」という憤りからユーザーが理解した上で利用できるサービスやガジェット情報の発信サイト「華麗なる機種変」の作成をする。 ものの、わかりやすい情報って作成が難しいことを痛感し、日々悪戦苦闘中… 少しでもあなたのお役にたてられれば幸いです。