【絶望】iPhoneで10回パスコード間違えて使えなくなった時に復元した方法

スポンサードリンク




「iPhoneは使用できません」

この文章が画面に出てきて絶望したって方はいませんか?

実はボクも何度か経験があるんですが、iPhoneのロック画面でパスコード間違いを繰り返すと出てくる表示なんです。

 

とにかくなんとかしなきゃと思って思い当たるパスコードを入力してみるんですが、iPhoneの場合は入力回数に制限があるため、試せば試すほどさらにパニック状態に…

iPhoneを使っていてヒヤッとする状況って結構多いんですが、特にこういったiPhone内のデータに影響しそうなトラブルの場合はなおさら絶望感が加速しますよね。

 

そこで今回は、iPhoneのロック画面でパスコードを10回間違えてしまった時」のあれこれをまとめてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

パスコード入力は最大10回まで

iPhoneではロック画面の解除時、パスコード入力できる回数に制限があります。

基本的には以下のルールがあって入力失敗の回数によって規制が掛かってしまいます。

  • 入力ミス:6回目 → 1分間使用不可
  • 入力ミス:7回目 → 5分間使用不可
  • 入力ミス:8回目 → 15分間使用不可
  • 入力ミス:9回目 → 60分間使用不可
  • 入力ミス:10回目 → 60分間使用不可
  • 入力ミス:11回目 → iTunesに接続するまで使用不可

つまりシステム的に入力ミスしてもなんとかなる回数は10回までということですね。

10回を超えて入力ミスをしてしまうと、iPhoneの画面上に「iTunesに接続」と表示されてしまい、それ以降はiPhoneの操作をすることが全くできなくなってしまいます

 

iPhoneが使用不可になった場合の対処法

ロック画面のパスコードミスによってiPhoneが使用不可になった場合は、基本的にiTunesと接続してiPhoneを初期化する必要があります

その際、事前にiTunesと同期してバックアップを保存していた場合にはそのままデータの復元が可能です。

 

以下の手順でパスコードとiPhoneの初期化を行います。

  1. 同期済みのパソコンに接続し、iTunesを起動する。
  2. iPhoneとiTunesが同期し終わったら、「iPhoneを復元」をクリックする。
    「設定」が表示された場合は、「iTunesバックアップから復元」をクリックする。
  3. 日付とサイズを確認して、復元したいバックアップデータを選択する。

以上の操作でiPhoneのパスコードごと本体のデータが消去され、再度バックアップデータからデータの復元をすることができます。

 

事前にバックアップをしていない場合は?

もし事前にiTunesでバックアップを保存していなかったり、そもそもパソコンに接続したことがないという場合には、「リカバリモード」というiPhoneの特殊なモードを使用してパスコードロックを初期化することができます。

ただし、当然ですがこの方法の場合iPhone内のデータを復元することはできません

 

リカバリモードを使用してパスコードを初期化する場合でも必ずiTunesとの接続が必要ですので、接続できるパソコンを持っていない場合は知人などに借りるか、Apple Storeなど公式サポートを受けられる店舗に依頼する必要があります。

 

リカバリモードでのパスコードとiPhoneの初期化手順は以下の通りです。

  1. iPhoneをパソコンに接続して、iTunesを起動する。
  2. iPhoneoを強制再起動する。
    • iPhone X, 8, 8Plus:音量ボタン(上)>音量ボタン(下)>サイドボタン(長押し)
    • iPhone 7, 7Plus:サイドボタンと音量ボタン(下)を同時押し
    • iPhone 6S以前:ホームボタンと電源ボタンを同時押し
  3. リカバリモードが起動するまで最後のボタンを押し続ける。
  4. 「復元」「アップデート」のオプションが表示されたら「復元」を選択する。
  5. 復元が終わるまでしばらく待機する。

以上でリカバリモードを使ってのiPhoneの初期化は完了です。

 

もし途中でリカバリモードが終了してしまったりした場合には手順2と3を何度か繰り返してみてください。

 

まとめ

今回はiPhoneのロック画面でパスコードを10回以上間違えて使えなくなってしまった場合の対処法をご紹介しました。

ざっくりと内容を振り返ると、

  • iPhoneの画面ロックでパスコードを間違えられるのは10回まで
  • 11回以上パスコードを間違えるとiTunesとの接続が必要
  • iPhoneが使えなくなった時の対処法は2通り
    1. 同期済みのiTunesに接続して初期化後に復元する
    2. リカバリモードを使用して強制的にiPhoneを初期化する

 

パスコードって、簡単すぎても意味がないし、ややこしくすると覚えられないしでほんとに厄介ですよね。

ただこういったトラブルの際でも、やっぱり大事になってくるのは日頃のバックアップでした。

万が一の事態に備えて、定期的なiTunesでのバックアップは行っておくことをオススメします。

 

iPhoneのバックアップ方法教えます―iTunesもiCloudも超簡単

iPhoneのバックアップを確認―簡単にバックアップできているか確認する方法



スポンサードリンク




2 件のコメント

  • お尋ねします。息子のiPhone5をiPhoneXRに、機種変して、サブ機にしてたのですが、孫が扱ってパスコードを変えてしまい、最終的にはロックがかかりました。この場合、iPhone5を復元するのにsimは必要ですか?

    • 重富さん、まずはコメントありがとうございます!
      ご質問頂いている内容に関して、自分のわかる範囲でお答えさせて頂きます。

      まずiPhoneの復元の流れとしては、「iPhoneの初期化→アクティベート(初期設定)→データの復元」という順序になっています。
      このアクティベートの際に、iPhoneのバージョンによってはSIMカードが入っていないと先に進めない状況となってしまう可能性があります。

      ただし、差し込むSIMカードに関してはケータイ会社との契約がない状態でも問題ありませんので、iPhone5用のサイズのSIMカードであればなんでもOKです。
      最悪、アクティベート専用のダミーSIMなんてのも売ってたりするので、そういうものを使うのもいいかもしれませんね。

      詳しくは以下の記事にてご紹介していますので参考までに!
      iPhone「SIMが必要です やり直してください」と出た時の対処法

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    auで3年ほど店舗スタッフを経験。 「店員から見ても公式サイトわかりにくい!」という憤りからユーザーが理解した上で利用できるサービスやガジェット情報の発信サイト「華麗なる機種変」の作成をする。 ものの、わかりやすい情報って作成が難しいことを痛感し、日々悪戦苦闘中… 少しでもあなたのお役にたてられれば幸いです。