iPhoneで写真や動画の撮影日時やサイズを確認する方法は?

スポンサードリンク




つい最近、iPhone内のデータを整理しようと思って写真や動画などを確認していたんですが、ふとあることに気づきました。

「iPhoneの写真や動画ファイルの詳細データってどうやって確認するの?」

 

調べてみると同じような疑問を抱いてる方って結構いるみたいで、いい機会だったので自分なりに調査した結果などをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

ファイルの詳細データを確認したい時

iPhoneを使っていて、常に気にしておかないといけないことのひとつに、「iPhoneのストレージ残量」があります。

そして、ストレージを消費するデータの中でも特に割合が高いのがやはり「写真と動画」です。

 

高性能なカメラ機能に伴って写真や動画のデータサイズも結構馬鹿にならないくらい大きくなりがちですし、昔の古いデータ類はパソコンなどに保存するなどの対処法をとっている方も多いんじゃないでしょうか。

そんなこんなでストレージを整理しようと思った際に必要になってくるのが、「ファイルサイズの大きいものはどれなのか」「いつ撮った写真データなのか」といったファイルの詳細データです。

 

iPhoneの機能では確認不可能

iPhone内で写真のサイズや撮影日時などを確認したいと思って「写真アプリ」内を見渡してみても、編集メニューや転送メニューばかりでファイルの詳細データを確認する項目がないことに気づくかと思います。

実は、元々iPhoneにはデータサイズなどの詳細データの確認機能は付いていないんです。

 

Androidスマホであれば、各データごとに詳細確認メニューなどが付いていて、それぞれのサイズや取得した日時などのデータが簡単に見られるんですが、iPhoneにはそういったものは一切ありません

 

アプリを使って確認

iPhoneに元々機能が備わっていないのであれば、取れる手段としては「iOSのアップデートを待つ」「アプリをインストールする」しか方法はありません。

 

幸いiOSのアップデートも最近はユーザー目線の機能更新が多いなという印象を受けますし、ファイルの詳細データ確認の機能が付与されるのもそんなに遠くはないんじゃないかと思います。

ですがいつ来るかわからないアップデートを待つというのも気の長い話になってしまうので、一旦アプリの力を借りてしまいましょう。

 

オススメアプリ

では実際にボクも使用している便利なアプリをいくつかご紹介しておこうと思います。

Loooks ※現在はダウンロードできないようです。

この「Loooks」というアプリは、個人的に欲しかったファイルの詳細データをすべて表示してくれて、しかも無料で使用できるため非常に重宝しています。

確認できる内容は様々で、

  • 解像度
  • フォーマット
  • ファイルサイズ
  • 撮影したiPhoneのモデル
  • 撮影した際のiOSのバージョン
  • 撮影日時
  • 撮影場所
  • etc…

などなど知りたい情報のほとんどをこのアプリ内で確認することができます。

アプリのダウンロードはこちらからできます!

実際のアプリの使い方は簡単で

  1. 「Loooks」を起動する。
  2. 右上の「フォルダマーク」をタップする。
  3. 「EXIF情報を見る」をタップする。
  4. 「写真へのアクセスを許可しますか?」が表示されたら「許可」をタップする。
  5. 詳細情報を確認したい写真や動画ファイルをタップする。

以上の手順で簡単にデータを確認することができます。

 

Exif Mate ※現在はダウンロードできないようです。

こちらも無料で使えて、ユーザーの評価が高いアプリです。

こちらのアプリは「Loooks」と比較すると若干詳細データの表示が雑なので見づらく感じるんですが、「写真アプリ」内のファイルの詳細データを一括で表示することができるため、全体をざっと見てファイルサイズの大きいものを探したりする場合にはこちらのアプリを使うのが便利です。

使用方法は「Loooks」と同様、アプリを起動して「写真へのアクセスを許可」するだけなので割愛します。

アプリのダウンロードはこちらからできます!

 

Photo Secure ※2018/08/17 追記

この「Photo Secure」はカメラで撮影したり、Web上でダウンロードした画像ファイルに関する詳細データを解析してくれるアプリなんですが、中でも位置情報の扱いに特化した機能が色々と備わっています。

 

マップ表示機能

その画像に位置情報が含まれていれば、地図画像を使ってわかりやすく撮影時の位置を表示してくれます。

位置情報の削除機能

写真データをブログに掲載したり、LINEなどで誰かに送信する際、画像ファイルに位置情報が含まれていると他人に自分の住所などが漏れてしまう危険性があります。

そういったトラブルを回避するために、画像ファイルから位置情報のデータを消去する機能がこのアプリには搭載されています。

もちろん確認できるのは位置情報に関するものだけではありません。

他にも以下のような詳細データを表示することができます。

  • 解像度
  • ファイルのサイズ
  • 撮影したiPhoneのモデル
  • 撮影日時
  • etc…

と言った感じで画像ファイルに関するデータであれば、ほとんどこのアプリ内で確認することができます。

アプリのダウンロードはこちらからできます!

 

まとめ

今回は、「iPhoneで写真や動画などの撮影日時やサイズを確認する方法」というテーマで情報をまとめてみました。

現状ではiPhoneにはその機能が備わっていないため、ちょっと面倒ですがアプリを使う必要があるみたいですね。

iPhoneのデータ整理なんかを行う際には必ず確認しておきたい情報だと思いますので、ご紹介したアプリなどを活用しつつ、iOSのアップデートで実装される日を楽しみにしておきましょう。



スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

auで3年ほど店舗スタッフを経験。 「店員から見ても公式サイトわかりにくい!」という憤りからユーザーが理解した上で利用できるサービスやガジェット情報の発信サイト「華麗なる機種変」の作成をする。 ものの、わかりやすい情報って作成が難しいことを痛感し、日々悪戦苦闘中… 少しでもあなたのお役にたてられれば幸いです。