【対処法】「ファイルまたはディレクトリが壊れているため読み取ることができません」

スポンサードリンク




「ファイルまたはディレクトリが壊れているため読み取ることができません」

Windowsを使用していると突然こんな表示が出てくることがあります。

 

悲惨なことにこの表示が出てしまうと、データを保存しているドライブにアクセスすることができません

アクセスができないと言うことはデータのバックアップを取ることもできないため、最悪の場合大切なデータを全て諦めなければいけない可能性も…。

 

そこで今回は、「ファイルまたはディレクトリが壊れているため読み取ることができません」が表示された時に試しておきたい対処法についてご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

「ファイルまたはディレクトリが壊れているため読み取ることができません」とは

まず「ファイルまたはディレクトリが壊れているため読み取ることができません」と言うのはどういう意味なんでしょうか。

 

ファイルについてはなんとなくわかるかと思うんですが、ディレクトリってあまり見慣れない方もいるかと思います。

ディレクトリと言うのは、要は「フォルダ」のことでデータが保存されている場所を表しています。

 

つまり「ファイルまたはディレクトリが壊れているため読み取ることができません」と言うのは、ファイルもしくはデータが保存されている場所になんらかの異常があることを意味しているんです。

と言うわけで、保存されているデータ自体が破損しているわけではないため、エラーさえ取り除いてやればデータを復旧できる可能性は非常に高いと言えます。

 

「ファイルまたはディレクトリが壊れているため読み取ることができません」の原因

前述の通りファイルやデータの保存場所に異常があることが分かりましたが、具体的な原因としては「インデックス情報」と呼ばれるファイルシステムに関するエラーである場合がほとんどです。

 

「インデックス情報」と言うのは、対象ドライブ内のどこにどんなデータが保存されているかを管理するためのシステムのことです。

ここに異常が発生してしまうと、データ自体は存在するものの、コンピューターがそのデータにアクセスすることができなくなってしまうため、今回のようなエラーメッセージが表示されてしまいます。

 

具体的には以下のような操作を行うことでファイルシステムにダメージを与えてしまう可能性があります。

 

ドライブの経年劣化や物理的な破損

ハードディスクなどのドライブは消耗品のため、長年使っていると品質が劣化していきます。

その結果ファイルシステムにも影響が出てしまい、このようなエラーが発生することがあります。

 

ドライブに対してデータの読み書きを実施する頻度が多い場合は、特に注意しておくべき点かと思います。

 

ドライブの強制取り外し

外付けのHDDやフラッシュメモリなどを使用している場合、パソコンから取り外す際の操作にも気を配る必要があります。

 

データのやり取りを行っている最中に、ケーブルを抜いたり電源を落としたりすることで、データに不整合が発生してしまい、その結果ファイルシステムのエラーに繋がる場合があります。

また、画面上の処理ではデータのやり取りが完了しているように見えても、実際には裏でドライブにアクセスしていると言ったことも多々あります。

 

基本的にWindowsでは、そういったエラーを防止するための「デバイスの安全な取り外し」と言う機能が用意されています。

ドライブを取り外す際は、必ずこの機能を使用してアクセスを完全に終了してから行うようにしてください。

 

パソコンの強制終了

パソコンの電源を落とす際に、正規の手順を踏まずに強制的に電源を切ってしまうことで、上記と同じようにドライブ内のデータに不整合や異常が発生することがあります。

こちらの場合は特に、外付けの機器だけでなく内蔵されているドライブにもダメージが及ぶ可能性が高いため、リスクもその分高いと言えます。

 

最悪の場合パソコン自体が起動しなくなってしまうことも考えられるため、基本的に緊急時以外はパソコンの強制終了は行わないようにしましょう

 

対処法は?

では本題である「ファイルまたはディレクトリが壊れているため読み取ることができません」が表示された時の対処法についてご紹介していきたいと思います。

 

今回のようにWindowsのファイルシステムが破損してしまった可能性が高い場合には、「チェックディスク」と言う修復機能を使用することで改善することが多いです。

「チェックディスク」は以下の手順で実施することができますので、試してみてください。

  1. +x」キーの同時押しでメニューを開く。
  2. 「Windows PowerShell(管理者)」を選択する。
  3. 起動したウィンドウで以下のコマンドを実行する。
    • chkdsk C: /f

ちなみに上記手順では「C:」とありますが、任意で修復が必要なドライブの名称に変更して使用してください。

 

ちなみに手入力だと面倒なので、上のコマンドをコピーして「PowerShell」上で右クリックすることで貼り付けが可能ですので、試してみてください。

 

まとめ

今回は「ファイルまたはディレクトリが壊れているため読み取ることができません」が出た時の対処法についてまとめてみました。

表示された瞬間はかなりヒヤッとするものの、対処法自体は確立されているため、落ち着いてご紹介した内容を実施してみてください。

 

とは言え、修復できずに取り返しのつかない状況に…ってことも十分あり得るトラブルですので、普段から丁寧に扱うことや定期的なバックアップを心掛けたいところですね。



スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

auで3年ほど店舗スタッフを経験。 「店員から見ても公式サイトわかりにくい!」という憤りからユーザーが理解した上で利用できるサービスやガジェット情報の発信サイト「華麗なる機種変」の作成をする。 ものの、わかりやすい情報って作成が難しいことを痛感し、日々悪戦苦闘中… 少しでもあなたのお役にたてられれば幸いです。